責任と誇りを持っている

分離発注は解体工事を建築工事から切り離して解体について建物の専門解体業者に直接発注する方法です。建設工事の先進国のアメリカは法律で分離発注義務付けてる州がニューヨーク州を筆頭に複数あって、こうしたことで分離発注することが建築主居の一番の利益になる方法。そして実際日本でもほとんどの官公庁などで解体工事分離発注されてるのです。そしてお客にとって一番の関心事は希望の建物の建築にかかる費用どれだけ安くし、質がいいものに仕上げるかであり、そのために解体工事、建築工事を分離発注されるのがよい方法となります。そして、解体工事費用が建築工事全体の費用に占める割合はとても高くて建築業者が解体業者から得てる中間利益も含まれています。そして、解体工事専門的立場からお客に適切なアドバイス提供できて、お客と解体業者やりとりとなって、解体工事の希望直接伝えられるのです。そして分離発注されれば解体業者は責任と誇りを持ち工事が可能で、総合発注の弊害取り除かれます。

平塚市の解体費用の単価坪は?優良業者の選び方