近代パチンコ

「大きな嵌りを抜けた時・抜けそうな台」を狙い、

そんな台を掴んだら何日か朝から狙い撃ちをします。 

この機種はバトル機種の割には波が穏やかな機種です。 

勿論、出玉のない小当たりがありますから一見穏やかに見えます。 

さて、この項では、出玉演出は 10 万回転を分解分析することで全体像が見えて来ます。 

機種の傾向が大まかにですが、見えて来ます。 

この「波演出」は、メーカーがパチンコ台を作る時に、「今度の機種はどの様な波演出にするか?」と、

先ずは決めなければいけない問題です。 

 この設計が機種のテーマや、画面演出とマッチングしなかったりすると、

ファンは「なんだかなー?」

と、感じただけで離れて行きます。 

それはそのまま、メーカーの存続問題にまで発展しかねません。 

 「近代パチンコ」は力づくで打ち倒しても攻略出来ません。 

各種データと複合で攻める必要があります。 

パチンコ黄金率「白い絹糸」をネタバレ公開